社員インタビュー

日高 太郎
社会になくてはならない
「電力」を支えています。
本社 営業部

武田 祐貴Yuki Takeda

2014年 入社

公共事業に関わる責任とやりがい

地元に根差した仕事がしたいと思っていたので、社会インフラを支える当社に惹かれ、志望しました。私は文系出身で、必要な知識は入社後に学びましたが、もし理系であったとしても、当社の守備範囲は広いので、その全てを学生時代に学ぶのは難しいのでは、と思います。だから、特にハンデなどは感じませんでした。

現在は、官公庁発注の水力発電や下水処理施設の電気設備をメインに担当しています。公共事業では、メーカーとタッグを組んで見積もりを作成して入札に備え、受注後は建設完了まで立ち合います。某所の電気設備改修は、製作・工事を合わせて約3年かかった大掛かりなものでしたが、公共事業に関わるという責任と同時に、大きな手ごたえも感じました。

人と人をつなぐ、商社という仕事

当社は商社であり、直接モノを作ることはできません。お客様の要望や課題を可能な限り詳しく、丁寧に聞きとり、最適なメーカーを選定して依頼。必要な時には、工事施工会社ともやり取りをします。人と人をつなぐことが当社の役割なので、工事規模の大きさや受注額だけでなく、お客様やメーカー、工事代理人など関わった人たちからの「ありがとう」の一言をいただいたときにも達成感を実感します。

自然災害が相次ぐ今、防災関連の需要が伸びています。社会の要請でもあり、ビジネスチャンスでもある防災分野で、当社が得意とする非常用発電機や無停電電源装置を幅広く提案し、お届けしたい。いや、お届けしなければと思っています。

応募者へのメッセージ

電気はなくならない。社会に必要とされる仕事ができます!

日高 太郎
幅広い「モノづくり」の
現場を支えています。
仙台支店 営業部

早坂 舟希Shuki Hayasaka

2017年 入社

大規模工場に電気設備・産業機械を提案

就活の時、会社説明会で対応してくれた人が、アクティブで魅力的。こういう人と一緒に仕事がしたいと思ったのが志望のきっかけです。(その人は現在の上司で、思いは叶いました)今は、東北地域の自動車部品・薬品・食品など様々な大型工場に対して、電気設備の点検、機器更新の提案のほか、非常用発電機・照明設備の提案など、お客様のニーズにあわせて幅広く営業を行っています。

長いお付き合いの企業が多く、新しいお客様を紹介してくださったり、市場動向や技術など教えてくださったり、本当にお客様に恵まれていると日々感じています。これから仕事でお返ししていきたいと思っています。

ニーズを読み、いち早く行動を起こす

これまでで一番記憶に残っている仕事は、初めて担当したお客様に商品を納めたことです。ニーズがあるはずと読んで、飼料用穀物を扱う会社に約3年間通い、投光器を受注。規模は小さいのですが、先輩に頼らずに行った仕事だったので、達成感は大きかったです。これからもお付き合いを継続し、将来的には大きな受注を勝ち取りたいと思います。

今後、製造現場では人材不足から省人化、FA化が進み、当社が力を発揮できる場面が増えていくでしょう。お客様とのコミュニケーションを綿密に取って、いち早く要望を掴んで行動し、自分にしかできない提案ができるよう努力していきます。

応募者へのメッセージ

当社はワンチーム。会社全体で目標達成し、自己の成長も実感できます。

エントリー

日高商事でともに働く仲間を募集しています。

新卒採用はこちら

キャリア採用はこちら